So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっと暇人な日々 [日記]

2006年も終わりに近づいてきてるわけですが、今年の年の暮れは私はカリフォルニアにいる事になります。え?いつからそんなにリッチになったかって?まー、私はお金は払いません。タダです。食費から何から何まで・・・。って、そんなおいしい話がこんな田舎町にあるわけはなく、単純にバスケットボールチームの遠征です。なんでお仕事やね。ま、贅沢言わずに楽しんで来るかなとは思ってます。

去年も書いた通り先月あったサンクスギビングデーはアメリカの最大のショッピングデー。ということで、私は人にもまれたくないんで、3,4日前にナッシュビルにあるアウトレットモールに行って安い商品だけ買ってきました。買った品々は。。。

1.スーツ
2.コート
3.ドレスシャツ
4.ネクタイ
5.靴

などなど。え?金額は聞かんといて下さい。結構使ってもうたんで、10%位は罪悪感が漂ってたけど、一年の中でお金を使う機会はこれくらいなんで、「ま、えっか」と開き直ってます。

クリスマスブレイク中はフロリダにでも逃げてやろうかなと計画中。先日、日本から取り寄せた大量の本を読みあさってやろうかなと。まず、最初は「竜馬がゆく」からスタートの予定です。あとは特価で買った「24」のシーズン1-4を全部見ること位やな。基本的にはぼーーーっとするための旅行です。好きな本とDVDなどで楽しんで、あとは屍のようにだらける。

最近、読んだ本としては「仕事力」という本があるんですが、ま、お偉い方々が「仕事」って、みたいな感じで話しらっしゃる本。別にその本から盗むわけではないんやけど、やっぱり「現状分析」が出来るということは非常に大きなことなんやろうなと。世の中にはイチローさんのように「決して周りの評価は気にしない。僕は僕のやるべき事をやるのみ」という考え方もあれば、「他人に評価されなければ自分の仕事は単なる自己満足で、自分が見えていないだけ」というのもあるわけです。

どちらもきっとその人の状況によっては正しいわけやけど、どちらにしても共通して大切なのは、「現状分析」。特にやはり「自分が見えているか」と言う事でしょう。「自分がしたいことは何か、自分がしなければいけないことは何か、自分が出来る事は何か、そして自分が今のままでは出来ない事はなにか」そう言った事が見えない人は結局何においても大成せんのかなと。前にも書いたけど「考える、感じる」っていうのは本当に大切やなと。常に現状に対して冷静に分析出来るか。それが出来て初めて色んな挑戦が出来るんやと思います。ただ、見えても行動に移せるか、移せないかは、また別の問題なんやろうけど。

一般的に見て、人は他人を評価する点においてはみんなある程度分析能力があるんやと思います。ただ、人はどうしても自分を分析する力が弱い部分はあるんかなと。見えてるようで、自己満足の過大評価をしてしまってる人、周りからどれだけ評価されてるか知らない過小評価をしてる人、全く的外れなことを考えてる人もいるでしょうし。なんかも一つしっくりこんなこの頃って感じるときは大抵、現状分析が出来て無い時ですな。過大評価をする人には出来ればなりたく無いなと思ってまいますね。苦笑 改めて自分を見つめなおしてやる機会を持つのは決して無駄にはならんと思います。

最近、Mixiで小学校時代の友達とかを見つけてちょっと嬉しくなってまいました。インターネットの力とは凄いもんやなと感心。学生がクリスマスブレイクでみんな実家に帰リ始めたので、一日に来る選手の数が僅か1,2人の状態で暇をもてあましてるたいぞーでございました。

またまた長くなりました。お後が宜しい様で。


Time comes so fast [日記]

時間。意識せずとも次へと進んでいくもの。
その時々によって時間の価値は違ってくるものやと思わされた日でした。

何気なく普段通りに談笑しながらサッカー選手のトリートメントをしているところに血相を変えたバスケットボールの選手がトレーニングルームに駆け込んできます。

「どうしたん?」

「泰造、上で女性が気絶して倒れてる。早く来て」

トリートメントを即効中断して一緒に上の階へと駆け上がっていきながら
どういう状態なのか聞くと

「彼女、呼吸もしていないし、脈もないみたいなんだ」

後から確認した限り、この時点で少なくともその女性が倒れてから3-5分が
経過。EMS(救急隊)に連絡した後、みんな僕を探していたらしい・・・。

選手が駆け込んできてからおそらく約20秒後、現場に到着。
真っ青な顔をした意識不明の女性が倒れていた。とりあえず、脈と呼吸を
確認といきたいところが、正直焦っていたのか、意識がある人にいつも
使う手首で脈を取ろうとしてしまって、5秒後はっと我に返り頸部での脈と
呼吸を確認。残念ながら心肺共に停止状態。CPR(心肺蘇生法) 開始と思ったところにAED(自動体外式除細動器)が到着。

ここで他にCPRを出来る人かAEDを使うことが出来る人が他にいれば
その人と手分けしてどちらかがCPRをして、もう一人がAEDを用意出来たん
やけど、周りにはおらず、一番蘇生の確率の高いAEDを選ぶ事にしました。
目に見える範囲に居たコーチ達はCPR、AEDともに資格を取っているはず
はんやけど、僕が来るまで何もしてなかったことを考えてもあまり頼るべきでは
無いと考えた結果です。今考えると、それでもええからAEDを用意させて
僕がCPRを始めればよかったと思う部分があります。

AEDを用意して、セットしたところにEMSが到着して彼らに状況を受け渡した。
AEDによるショックによって脈は戻ったものの、呼吸は停止状態。
そのまま病院に搬送され、おそらくより高度な機器の整った近くの病院に
運ばれたと思います。

人生の中で毎年、CPRとAEDに関しては更新のために練習はしてきましたが
実際の現場で行うのは初めて。正直どこかで、そういう現場に遭遇する事は
ないやろうと高をくくっていた部分はあるかなと思います。丁度、うちの大学
水泳と飛び込みの大会が行われていたので、ある程度準備はしていたものの
まさか違う所で起こるとは思っていませんでした。

目の前で人生を閉じてしまうかもしれない人が倒れていて、その人生が
終わるか否かは僕の手に掛かっているかもしれないという現実に触れた
瞬間、今まで感じたことの無いプレッシャーが襲ってきました。
たとえ蘇生したとしてもたった10秒の違いでその人の生活は大きく変わる
かもしれない。元の体に戻るのか半身不随になるのか、それとも植物状態に
陥るのか。

僕が作業をしている間、彼女の夫はなんとも言えない声で
「Honey, please come back. Honey, please」
と叫んでいます。

改めて自分の仕事は人の人生を左右するかもしれないものなんやと
感じさせられた瞬間でした。何気ない1分、1秒。それが大きな分かれ道に
なるかもしれない。人の体をあずかる身として気を引き締めなおしたいと
思います。ちなみにその女性はまだ40歳。大学のジムで少し体を
動かした後、友人達と談笑していた時、何の前触れもなく気絶して
ばたっと床に倒れたとの事でした。40歳というと、僕にとってはたったの
12年後。誰もその年でそんな状況に立たされるとは予想出来ないでは
ないでしょうか。

一方で今日はサッカーチームの4年生を送り出すパーティーがありました。
何だかんだで2シーズンを共にした彼女達。話をして、ハグをしながら
寂しさが出てきてました。明日は彼女達にとって人生最後のサッカーの試合。
思ったようにうまくいくシーズンではなかったけど、楽しんで選手生活を
閉じて欲しいな思います。

そして去年、ACL(前十字靭帯)を切って、ずっと一緒にリハビリをしてきた
女の子が今年初めて先発出場します。正直膝は完調からは程遠く
1年の最初からずっとレギュラーやったその子からすると失望の連続の
シーズンでした。シーズンの最後に来て他の選手の怪我が増えてしまった事で
回ってきた先発出場ではありますが、彼女には大好きなサッカーを楽しんで
欲しいということだけが願いです。試合が終わった後に少しでもプレー出来て
良かったと思ってくれたなら僕は最高に幸せかもしれません。

今日は、4年間を総決算する人、1年ぶりの舞台に立つ事が決まった人
そしてたったの数秒で人生が変わってしまうかもしれない人
時間とはさまざまな重さを持っているんやなと思わされた日でした。
少しでも練習するだけで大きく変わるかもしれないCPRとAED。
人の生命に関わる事がないと思われる人でも身に付けるだけでひょっとしたら
周りの大切な人を守ることが出来るかもしれません。一年のうちで1,2日で
良いからそういったことに時間を使うことは決して無駄では無いと思います。

お後が宜しい様で・・・・・。


Consistency [日記]

うーん、前回書いてから一ヶ月以上が経過してしまいましたな。
もはや完全に日記としての機能は果たしておりません・・・。
8月4日にこちらに戻ってきましたが、初出勤日以降未だに無休です・・・。
まー、分かっていた事やけど、やっぱり辛いもんです。人間やっぱり
お休みは必要です。別に一日5,6時間だけで毎日なら何とでも出来るとは
思うんやけど、一日10-12時間近く働いてるんでちょい心身共にお疲れ気味。

選手の前では愚痴やらしんどい姿を見せないのが私の主義なんですが
たまーに、お疲れの姿を見せてしまうこともあるわけで。お仕事の質を
落とさないように必死でございます。

と、出来るだけいつも同じ態度でみんなに公平に接するのはお仕事では
大切なわけですが、もちろん日常生活でもいつも同じ姿を見せてくれる人には
好感を持つ部分があります。最近、気が付いたのは身の回りで自分が
「あ、この人はええ人やな。もしくは出来る人やな」とか考える人は
大概、いつも安定した状態を保てる人です。そういう人は自分の中でしっかりと
した信念とか色んなものからくる余裕があるのか、少々の事では動じないという
安心感をこちらにも与えてくれると言いますか。

しかーし、アメリカにある程度長く滞在された事がある人であれば
分かるとは思いますが、アメリカ人って基本的に・・・

気分屋さん

うちの選手は若さもあって、とにかく情緒の動きは激しい。
もしくは自分の中にある気持ちを抑えるのがほんまに下手くそ。
テストで疲れてて、トレーニングルームに入ってきた時点で、キレてる。
態度最悪。愚痴ばかり。

うちの大学のスポーツの中で、同じカンファレンスの中で全く勝てない
チームがあります。その監督は、うーん、選手から見ても、トレーナー
立場から見てもほんまに駄目駄目。人の気持ちを引きつけるための
一貫性ゼロ。自分よりも選手時代の経歴が遥かにええからといって
新しくきたアシスタントコーチに説き伏せられる。ミーティングでは見てる限り
どっちがヘッドでアシスタントなんか分からん位。ま、これはアシスタントが
立場を履き違えてる部分もあるわけやけど。

そんな彼らは、勝てない(点数が取れない、後半になると途端に弱くなるなど)
理由を精神的なものばかりに押し付けます。頭と胸を指で指して
「ここなんだよ。お前らはよくやってる。でも、結局決められへんのは
ここなんだ」
って連呼するが、それが2,3回程度やったらこちらも
「ふーん、そうなんや」って納得するんやけど
もうシーズン開始当初から同じ状態。全く改善の兆候なし。

試合中に失敗したりすると、彼らは
「なんでそこでああ出来ひんのや」
って怒ってるけど、うーん、その言葉に答えがあるんやないでしょうか。
サッカー日本代表監督のオシムさんが言っておられましたね。
「現実をしっかりと見なければいけない。出来もしないものを求めてやらせようと
してもうまくいくわけがない。」
上記の監督達だけやなくて、うちの大学のどの監督にも通じることやけど
あまりにも現状分析が出来てなさ過ぎ。申し訳ありませんが、何かを始める
時はやはり現状を分析する事が始めるのが定石では無いでしょうか。
これは勉強にしろ、仕事にしろ、人間関係にしろ、恋愛にしろ。

試合中に嘆いて首をかしげて怒ってる間は、このチームは強くならんねや
ろうなと思いながら試合を観てます。出来無いレベルにあるのであれば
その人にあったレベルで求められるものに近づけるように導くのが
指導者の仕事。ましてや会議で勝てない理由を選手に押し付けてる
監督さん。シーズン終了後に肩を叩かれないようにお気をつけ下さい。

お後が宜しい様で。


時は確実に進むもの [日記]

9月25日に日本では高校生に対するプロ野球ドラフトが行われました。
私の愛する阪神は、狙っていた選手(堂上選手)を見事に中日に
もって行かれてしまいました。とは言え、僕が是非とって欲しいと思っていた
橋本選手を取ってくれたのでよしとしようかなと。

そうやってドラフト会議で指名された若き野球選手とはうってかわって
21年前のドラフト会議の時に世間の話題を完全に奪ったと言える
選手が野球人生の大きな転機を迎えているのをウェブニュースを見て
知った。

物心ついて野球を知った時には、すでに高校生として、そして
巨人のエースへと駆け上がろうとしていた桑田真澄選手。
小さい頃から虎キチやったにもかかわらず、僕の中での


最高の打者は清原和博
そして
最高の投手は桑田真澄

バッティングをする時は、清原の真似をし
ボールを投げる時は桑田のようなボールを投げたいと思っていた。

174cmという小柄な体で、決して剛球を投げる訳やない。
低めにコントロールされたスーッと伸びていく球と打者をあざ笑う
ように頭の上から膝元まで綺麗な弧を描いて曲がるカーブを
武器にしていた。おそらく日本球界でも最高のフィールディングと
類稀なる野球センスで打者と試合の流れを感じてチームを勝利に
導いていた。

そんな彼が体力による問題なのか、それともやはり手術をしたから
なのか、あるときから最大の武器の低めに伸びる速球の力がなくなった。
それと共に下がり始めた成績。最近はめっきり一軍でも投げなくなって
しまっていた。

もちろん年齢による体力の低下や手術による機能低下などは
あると思うんやけど・・・。今、トレーナーとして働いてて
思うのは、最低限の筋の量や筋力は必要やけど、そこからはいかに
体というか、神経レベルで体を機能的に働かしてやるかやと思ってます。

手術の間に体がどうやったら良い球を投げられるかという体の連鎖機能を
忘れてしまったんかもしれんけど、脳の中には必ずその過去の機能は
残ってます。それを何らかの形で取り戻して欲しい。まだまだ39歳。
200勝を成し遂げるまで頑張って欲しい。そう願います。

えー、最後に僭越ながら本日は僕の28歳の誕生日でした。
たくさんの方からメールを頂きました。ありがとうございます。
最近、大学生コミュニケーションのために使っているFacebookという
ウェブ(Mixiみたいなもの)に僕のページも持って、選手とかとも
コミュニケーションをはかっているんやけど、そこで誕生日が載っていて
多くの選手が知ってしまったため今日は偉い多くの選手に声を
かけてもらいました。

改めて皆様に感謝したいと思います。
小話?になるけど、以前どっかの人が


「誕生日は、産んでくれた両親に感謝する日」


と言っていて、妙に納得して以来、自分が祝ってもらうと言うより
両親に感謝の思いを伝える日になってます。普段はこっぱずかしくて
言えへん事もたまには伝えてみてはいかがでしょうか。

お後が宜しい様で。


久々の更新 [日記]

大変ご無沙汰をしてしまっております。
帰ってきてからシーズン前の書類の処理やフットボールの練習などに
朝から晩まで追われてて、なかなか更新する気になりませんでした。
明日から一週間はそれ以上に忙しいので今日更新せーへんとまた
しばらく無理やなと思い久々の更新でございます。

と言いながら、実は家に帰ってやってる事というと
パソコンに向かいながら Youtube というサイトで日本のお笑い
見て夜を過ごすと言う感じ。ま、一日のうち1時間位無いとなと
自分に甘く生きております。

ちなみに夏にマイナーリーグでインターンとして働いてる時に
選手がクラブハウスで見てる映像があまりにも凄すぎて目が飛び出しそうに
なったやつがありました。もし本物の映像やったらの話やけど。
素直に、「あ、プロの選手ってこんなレベルでサッカーやってるんやね」と。
それと「実写版、ロベルトはほんまにおった・・・」。
見るためには下のアドレスに飛んでください。

http://youtube.com/watch?v=w891tt4OkYc

ちなみに日本人もがんばってます。
http://youtube.com/watch?v=f2Mi0PpD5FI

話は変わって、つい昨日フットボールの練習中にACLを切った選手が
出ました。レシーバーの彼は、ライン際でボールをせって取ろうとしたときに
地面に傾斜がついてるフィールドの端でジャンプして着地した時に
膝が内側に捻り(Valgus) 何かがプチッと切れる音がしたとのこと。
そのままヘッドトレーナーが駆け寄って評価。その後、僕が一応評価。
その時の感触が、去年サッカーの子が切った時に感じた感触
(Lachman's testをした時に、脛骨が手前に向かってつるつるっと滑って
手を止めへんと、そのままどんどん滑ってしまいそうな感じ)
と違ったんですな。

今回は、まー、いわゆる教科書にも書かれているエンドポイントが
無くて、他の組織の構造状でなんとなく止まってる感じ。正直、こっちの方が
分かりにくかった。学生時代そこまでLachman's testをしっかりと出来てる
方ではなかった方なんで、ありゃこれは失敗してるだけかなと最初は
思ったけど、何度左右を比べてもやっぱり片方だけエンドポイントが無かった
わけです。

変なお話ですが、資格を持って一年働いておきながらやけど、まだまだ
Lachman's Testのように簡単といわれてもおかしくないテストでも
完璧な自信はありません。去年、ACLの選手のリハビリでJoint Mobilization
をするために何百回とやったので、かなりうまくなったとは思うけど
まだ、うちのヘッドのように一発で完璧に決められると確信はしてません。
ま、何がいいたいかと言うと、働いてるトレーナーでも出来ていない事は
たくさんあるということ。そして、学生でも、資格保持者にも漫然と
私は勉強してる、私は周りから評価されてるからと自分が見えてないというか
以前に書いた文章から引っ張ると「考えずに、感じずに」あいまいに
行動してる人がきっと多くいると思うけど、そうなったらあかんということです。

僕が自分で自分の好きな部分はというと、失敗してくれるというか
壁が見つかってくれることです。大概の場合、欠陥が見つかってます。
失敗や壁が見つかってくれるので、何か挑戦する対象があってくれる。
基本的に、勉強嫌いで小さい頃からしんどい事が嫌いな僕が、そのおさぼり
癖を乗り越えられるのが、もう1つの性格である「負けず嫌い」のおかげ。
女で一人で子供と会社の経営を成り立たせた母親ゆずりの負けず嫌いが
支えてくれるんかなと。

今シーズンは自分なりに肝に銘じながらやってるのは
心技体においてプロフェッショナルであることです。
心は、もちろん心構えですが、ま、要は選手のために何が出来るか
何をしたらもう少し良い結果が導き出せるか、常に考えて、出来るだけ
自分を感じれる状態にしておきたいという事としてやってます。

技は、当然の事やけど、常に自分の技術、知識に満足せず、正しいと
思われるもの、新しく改善されてきて出てきたものを取り入れたりすることを
忘れないようにする事です。

体は、服装を含んでます。やはり体を預かってる人間として恥ずかしくない
格好。選手が見たときに、この人は細かい所まで気を使ってるな。
常に医療従事者としての自覚を忘れてないなと無意識にでも感じてもらえる
ようにしようと。ま、あと自分もしっかりと動けるように鍛えておくことでしょうか。

そして全てにおいて共通して言える事として、やはり人間同士が身体という
事で繋がってる仕事なんで、コミュニケーションをして信頼してもられる
状態にするかということですね。

こればっかりは教科書をいくら読んでもなかなか改善出来ません。
いかに多くの人と話して関わって、相手の特徴を掴んで対応するかというのを
考える事が必要ですよね。そして出来れば、コミュニケーションを楽しんで
仕事も楽しいものであり続けられるようにしたいもんです。

と長くなってまいました。
お付き合い下さり感謝致します。

ではお後が宜しい様で。


再び辺境の地へ [日記]

長い夏休みが終わり、現実の世界へと舞い戻って参りました。
町の名前を言っても仕方ないテネシー州のど田舎。
昨日は車で走りながら、やはりここに長くはおられへんと
思いました。苦笑 

家から150km離れたナッシュビルの空港から帰る時に
高速に乗った瞬間に遥か向うに広がるいくつもの雷。
どの辺なんやろ、楽に考えていたところ。
実はずばり家の周辺でした。高速を降りるまで大丈夫やったのが
降りてしばらくしたら、すさまじい雨、風、雷・・・。
そんなに僕の日頃の行いは悪いんかなと思いながらも家に到着しました。

普段買い物をする場所がアメリカの家の周辺には無いことから
日本に滞在中の3分の1は買い物に時間を使っておりました。
数は買わないものの選ぶのにめっちゃ時間をかけてまいました。
ちなみにひどいものでは一個の靴を選ぶのに3日です。苦笑
ま、これは性格やなと。

今回、人生で初めてMP3プレーヤーを買いました。
さっそく日本から帰る時に使ってみたんやけど、いやはやええもんですな。
こんなにええもんであれば、はよ買っておけばよかったと思いました。

ま、そんな話はどうでもよくて。
日本では多くの方にお世話になりました。楽しい帰国中の生活を
送る事が出来たのはまさに皆様のおかげでございます。
改めて感謝致します。次に日本に帰るのは、今年の10月頃から
徐々に探し始める次のお仕事次第になります。出来れば来年中に
一回帰りたいもんです。

お後が宜しい様で。


町で見つけたちょいええ感じ [日記]

私の職業がアスレティックトレーナーなんで、少しはトレーナーらしい
内容の文章を書けと聞こえてきそうな昨今??
ということで、





 

といきたいところなんやけど、やっぱりやめときます。苦笑

話はトレーナーとは関係なく、今日買ったメガネのお話。
久しぶりにメガネでも変えてみようかなと思い立ち、2日前ほどから
家の近くの心斎橋から難波にかけてそこらじゅうにあるメガネ屋さんに
入って眺めて、つけて、質問しながら少し目とメガネとファッションのお勉強

しかし、2日経てどピンと来るものが見つからず、こりゃあかんなと
思っていた時、ふと見つけたメガネ屋さんと判断しずらいメガネ屋さん。
図書館調の店内。夏やなーと言わんばかりの格好をした気さくな
おっちゃん。他の店員さんも格好にこだわらない気楽な雰囲気。
あまりお堅いお店は好きではないんで、僕には最高。

そこでひと際、私を呼んでるメガネを発見。金額的には最初は2、3万くらいで
作るつもりやったんが高くついてまいましたが間違いなく私一番のお気に入り
のメガネになることでしょう。

ちなみに店の中で店員の皆さんと1時間位くっちゃべってました。笑
大阪でメガネを探してる時は一回寄ってみてはいかがざんしょ。
私のお気に入りのお店リストに一個加わりました。

萬星堂さん
http://manseido.jp/

お後が宜しい様で。



 


雨らめしや・・・ [日記]

せっかく、せっかく、せっかく楽しみにしていた甲子園への巡礼が・・・。
雨ごとき?によってあっさりと流されてまいました。
強くないとはいえ、相手は巨人。間違いなくいつも通りの異空間のなかで
野球を楽しめると思ってたのに。

最近の阪神はミーハーな方も含めて非常に人気があるため
チケットを取る事は至難の業。アメリカから巨人戦のチケットを
ネットで取ろうと試みましたが、1時間足らずで完売・・・。
購入の画面にすら進まれへん状態。そんな中、おかんが頑張って
取ってくれたチケットが。単なる換金能力のある紙切れに。

ま、でもドーム球場にしてくれなんてこれっぽちも思いません。
甲子園はやっぱりお天道様に照らされてるのが一番。
私的には世界一の球場。また来年でも帰って来た時に巡礼に
いきたいと思います。

しかし、野球は僕の中学時代からの親友と観に行く予定やったんやけど
彼は、まー簡単に表現すれば



絵に描いたようなカタブツ 笑

そんな彼が今日も現代の化石的発言をしてくれました。
喫茶店でも探して茶でもシバく(汚い表現ですいません)かと
探していた時、私が
「スタバはこの辺はあるんかな?」
と聞いた所



 

「スタバって何?」

えっ、・・・・・
略して言ったからあかんのなかなと思って
「だからスターバックスやん」


「だからスターバックスって何?」

うーん、まさかここまでシーラカンスやったとは・・・。
ちなみにドトールコーヒーも知りませんでした。

お後が宜しい様で。


夏前半 [日記]

大変、更新が滞ってしまってました。
いつもご覧になって下さってる方々大変申し訳ありませんでした。
前回までに書いてきた通り、夏はマイナーリーグでのインターンシップ
から始まりました。それと同時に副業をやりながらの夏前半。

ちなみに副業と言うのは、ネタを明かすと
いわゆる本の翻訳ですね。もちろん?英語の本を日本語にです。
日本語を英語に翻訳出来るほど僕の英語は良くありません。
っていうか、その逆もほんまに大丈夫なんかという感じやけど・・・。
本の内容は、エクササイズに関する本です。詳しい内容は
また正式に発行されてからご紹介します。

で、インターンはというと、個人的には非常に楽しかったし
勉強になりました。改めて感じたのは
「自分の知識、考え方、そして技術などがいかにあいまいやったか」
という事でした。これはなにもトレーナーの仕事だけに関わらず
普段の細かい部分も含んでます。
以前のブログにも書いた通り、やはり考えるということをしなくなると
当然のように感じれなくもなってくるわけで、その逆ももちろんあるわけです。
しっかりと頭使わんと腐ってくるなと感じました。来年以降というか、この夏後半
からの大きな課題です。この課題、明確にクリアするというのは無理であったと
しても、少なくとも肝に銘じながら時間を過ごしたいなと思います。

夏前半の最後はアトランタでの全米アスレティックトレーナー協会の
コンベンションとオマハへの旅行でした。前年度はひたすら就職活動
の事しか考えてなかったんで、楽しむ暇も無かったんやけど、今回は
やりたいと思ってた事をほぼ出来たんで満足満足でした。
コンベンションでお世話になった方々に改めて感謝致します。

オマハでは、友達が住んでいるホストの家に泊まらしてもらいました。
移動も彼の車に頼りっきり。いやー、実にうざい滞在者やったこと
でしょう。苦笑 なんせ彼がおらんかったら、何も出来ないという旅行者。
滞在中はゴルフがメインでした。日本に比べたら格段に安く出来るゴルフ。
ゴルフのクラブにしろ、コースにせよ、全てのものが少なくとも半額以下。
今のうちにやっておかん手は無いわけです。変な話やけど、この環境の
差がある限り、日本がゴルフでアメリカを超えることは起こり得ないと
思います。久々にUNOのトレーニングルームにも行ったけど
久しぶりに会うスタッフ達は以前のままでした。UNOはやっぱりええなと。

ここまでの夏は最高の形で進んでます。ほぼ思い描いた通り。
さてさて、日本での生活はどうなりますやら。ただ、日本滞在中は
基本的にほんまにバケーション感覚でいます。そこまでがつがつ
色んなところに行ってみたいには考えてません。もちろん東京とかに
遊びに行く予定とかはしてるんやけどね。

という事で、久々の更新でございました。

お後が宜しい様で。


インターン1週目 [日記]

マイナーリーグのチームでのインターンシップは無事?に1週目を
終了致しました。明日からチームは遠征に行ってしまいます。
僕は今回は遠征には参加しません。あちらもお金の都合があるやろうし
僕も他にやらないといけない事があるので、ホームゲームだけの
インターンになっています。

一日目の方にも書きましたが、やはり自分の詰めの甘さには
嘆いております。昨年一年、担当するスポーツと選手の数が多いため
どうしてもトリートメントやリハビリの深さと正確性という面で少し
欠けてる部分があったのは感じてましたが、いやはやええ勉強させて
もらってます。特に、肩や肘などのトリートメントの仕方は新しい事が
多いんで非常に楽しい限り。久しぶりにワクワクする日々を過ごさせて
もらってます。

選手はみんなええ人が多いというのが素直な感想。
ま、インターンなんでおもちゃのように扱ってくるからなんやろうけど。苦笑
しかし、そのおもちゃみたいに扱ってくる相手って、ふつーに僕より
年下ばっかりなんよね。まー、アメリカに来てからおもちゃにされるのは
慣れたんでええんやけど・・・。

ちなみにインターンを始めて以来、選手からスペイン語を教えてもらってます。
前々から興味はあったんで、面白いかなと思って遊んでます。
と言っても、5つくらいしか覚えてないんやけどね。でも、話してみると
やっぱりええ言葉ですね、Tranquiloさん。この夏の間に少し遊びがてら
勉強してみようかなって思ってます。

ということで、今週は基本的にオフ。副業をちょこちょことやりながら
たまにゴルフにでも行ってリフレッシュしようかなと思います。
ちなみに週末は大学時代の友達がアトランタに学会のために来てるんで
ちょこっと会いに行く予定。

さ、すでに火曜に日付は変わってるけど、今週を有効に使っていきますか。

お後が宜しい様で。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。