So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Leaving United States  [日記]

前回の日記で、アメリカを離れる日も近いかも知れない。早ければ11月と書いてました。
ところが、突然ではありますが本日,2007年8月16日もって The University of the South でのアシスタント・アスレティックトレーナーから退職致しました。理由は日本で医学部学士編入学試験を受験するためです。

5年前の2002年6月にアメリカはネブラスカ州オマハにあるCreighton University の英語学校に1ヶ月通いました。その後、同じ町にある University of Nebraska at Omaha のAthletic Training Programに入りました。卒業後、2005年の8月から今日まで働いていた The University of the South のアシスタントトレーナーをとして活動してまいりました。

この5年間、本当に本当に楽しかった。苦しい時もあったけど、こんなに大きな経験はもう無いかもしれないという位です。色んな人に出会う事が出来ました。色んな事を学ぶ事が出来ました。色んな点で成長をさせてくれました。心からアメリカに来て良かったと思っています。アメリカで出会う事が出来た人達に感謝したいと思います。そしてこの機会を与えてくれた母に最大の感謝しないといけないと思います。

医者の道を目指そうと思う理由は、様々です。一個には絞りきれません。プロ野球の世界で働きたい、その気持ちが無くなった訳ではありません。未練が無いか?と言われれば、無いとは言いません。でも、医者を目指してみようと思います。日本に帰る事は伝えても、医学部受験は書かないでおこうかなとも思ってました。でも、それじゃー、逃げてるかなと。別にいつかバレるわけやし。笑  

医者とは別でアメリカを出る理由の1つは、正直、ここではビザとかの問題もあって自分が挑戦出来る可能性を縮めてると感じた部分もあります。去年の末から今年に掛けて色んな道を探っている中で感じた事です。僕は基本的に刺激が掛かって無いと駄目なタイプ。モチベーションが下がり始めた今、アメリカに居る理由があまりなくなってきました。

今回の決断は完全にギャンブルです。日本でのトレーナーの就職先が限られてる現状を考えれば、日本に帰って、受験勉強に一年を費やすのは命取り。就職先が無いのも覚悟してます。そんなに世の中甘く無いですから。それでもこのギャンブルに掛けるのは、自分がやりたいと思ってる事に力を注げるかもしれないからです。ま、ここに来て、医者に方向転換すると周りは「やっぱり金か」と言われそうですが、今の日本のお医者さんは大学病院とかで勤めてると、お金にはあんまりなりません。それに仕事もきついし、責任も重い。周りの先入観とは違う職業やと思います。伸るか反るか一発勝負です。

今回、感謝しなければならないのは、快く送り出してくれた大学の職場の仲間達です。特に直属の上司であるHead Trainer の Rayには感謝しなければなりません。アメリカのトレーナーからすれば、これからシーズンが始まろうとしている一番忙しくて一番大切な時期。しかもうちは一人今年からトレーナーが増える。これまでよりも色々な事が出来ると思ってたであろう矢先にアシスタントの一人が辞める。

にも関わらず、「たいぞーがやりたいと決めたなら、全面的に応援する。辞める事に罪悪感を感じないで欲しい。それはいつでも起こりうる事だし、俺達はそれを受け入れてやっていくだけだから。」と言ってくれた。ただ、同時に引きとめもしてくれた。「もしビザの事とかが問題なら、今すぐ上に頼んで給料を上げてもらって、グリーンカードのプロセスに入るようにしてみせるから。それだったら残れるのか」と真剣に聞いてきた。いつも素っ気ないし、褒めてくれた事なんてほとんど無い彼が、そんな事を言ってくれたのはほんまに嬉しかった。時期が時期なだけに、辞められたら困るというがあったんやろうけど、真顔で部屋に呼んで話してくれた事に感謝したい。

選手、コーチ、スタッフが皆、応援してくれてます。彼らに良い報告が出来るよう、そして何よりも自分が納得出来る仕事が出来るよう日本で頑張りたいと思います。アメリカで出会った皆さん、本当にお世話になりました。これからもKeep in touchでお願い致します。日本の皆様、再びお世話になります。最初の1年間はほとんど遊ばないと思います。お酒も飲まないとは思うけど、また相手してやって下さい。

アメリカでの生活も残り1週間程。5年間の感謝の気持ちを持ちながら、日本に帰国したいと思います。帰る時は、この5年間の生活が始まったネブラスカ州のオマハから帰ります。8月23日にテネシー州Sewaneeを出て、オマハに入り、8月25日にオマハを発って26日に日本に到着します。
Sewanee、Omaha、どちらも人に会って、発つ時に涙もろい僕の事なんで、泣くだろうなと思います。

最後に、僕の人生で初の上司、Ray Knight と今日初めて一緒に撮った写真です。

お後が宜しい様で。


日本帰国中 [日記]

しばらく全く更新する気が湧きませんでした。休みなんで時間がありそうなんやけど、なんだかんだ動き回ってました。日本には6月30日に戻ってきて、早一ヶ月が経ちました。そして気が付けば、1週間後にはアメリカに居ます。

テネシーに行ってからは尚更なんやけど、ほんまアメリカには戻りたくない・・・。あんなくそ田舎嫌やーーー。田舎は好きなんやけど、今住んでるところは究極の僻地。ほんまね、憂鬱にもなりますよ。

帰ってきて、すぐに東京に行って、会う予定やった人には大体会えました。ただ、期間が短かったんで若干、物足りなさもあったけど。ご挨拶に行けなかった方々、大変失礼をば致しました。

大阪に戻ってきてからは、普段のストレスを晴らすべく?買い物の嵐。毎度の事ながら、日本に帰ってくるとお金を使ってまいますな。小学校以来の友達にも会えることが出来たんで、感激。 家族で温泉にも行くことが出来たしええ感じでした。

就職のためというか、自分のこの先の身の振り方を考えるために色んな人に会いました。実際、少しずつではあるけど、方向性が見えてきました。ひょっとするとアメリカに住むのも、もう長くは無いかもしれません。短ければ11月頃には日本に戻るかもしれませんね。果たしてどうなるんでしょうか。日本に戻ろうかなと考えている理由は、色々で秘密です。笑

そして、今回のメインイベント?が宮崎に住んでいる友達夫婦を訪ねる事でした。
結果から言うと


 

宮崎、最高!

現在、日本では宮崎は大きな話題の一つになってもうてるけど、大学時代に知り合った友人のおかげで、宮崎は何故か以前から親近感の深い場所になってたんでやっと行けたという感じでした。

宮崎で行っておかないと行けない場所にはほぼ連れていってもらったし、とにかく美味いものをたらふく食わして頂きました。友達曰く、今回の目的は僕を太らせる事やったらしいです。苦笑  お二人様、えー、見事に目的達成でございます。おめでとう?ございます。悔  宣伝はないんやけど、ほんま宮崎には一杯美味いもんがございました。鳥、牛、酒、お菓子、フルーツ、などなど。皆様、どうぞ一回は行ってみて下さいまし。

下はその時に取った写真でございます。知事と?撮った写真もございます。

世界一の吊り橋でござい。

お二人様、お世話になりました。小さいから誰かは判別出来ないと思うんで、大丈夫やよね?笑

地鶏万歳!

プロ野球チームの巨人が毎年、キャンプの時に御参りしている青島神宮。ここで引いた「恋おみくじ」はめっちゃ微妙やったー。笑 なんでって?だっておみくじに、星座やら血液型とかも含まれてて、めっちゃ安っぽかったんよねー。苦笑

知事と、はいチーズ

世界唯一のイースター公認のモアイ様達。

そして宮崎の旅行中、なぜか私はインターネットで買い物をしてまいました。
それは何かというと・・・

 

ニンテンドーDS Lite

遠征が距離が遠い上に、やたら回数が多いので、以前から何かええ暇つぶしはないかと考えてたんやけど、ついに見つけてまいました。友人(悪魔)のあまーい誘いにあっさりと乗ってしまい、私の財布から福沢諭吉さんが何人も旅立たれました。新旧のゲームを取り揃えて、アメリカに戻りたいと思います。出来るだけ、生活を破壊されないように頑張らんとあきまへんな。

さー、残り1週間足らずの日本。残りはゆっくりと過ごしたいなと思います。

お後が宜しい様で。


ぐーたらな日々 [日記]

すでにバケーションの期間に入ってて、普段なーんもやってへんのにごっつい長いこと更新をしてませんでした。所謂、サボりです。苦笑 5月15日で基本的にはお仕事が終了して以来、もう単なる暇人でした。アメリカでの我が故郷オマハにも1週間程帰っておりました。オマハでお会いした方々、時間を割いて頂きありがとうございました。

ちなみにオマハに帰ってる間に、友達と後輩と一緒にネブラスカ州を知る旅?に行ってきました。もちろん車で行ったんやけど、普通に行ったんではおもろないという事で、誰が運転するかをサイコロで決めました。ルールは以下の通り。

1. 12の目があるサイコロを使用して、出た目の数×1cmの長さをコンパスで地図上で測って運転しないといけない

2. 数が一番多かったものが運転する

3. 近くの町まで帰って来た時点で、最も長い距離を運転していた者が残りの二人から晩御飯をおごってもらえる。おごってもらえる額は、1位と2位の総運転距離(マイル計算)を%に変えておごってもらえる。つまり、100マイル以上であれば、100%おごり。50マイルなら50%。

4. 総運転距離が最も少ない人がご飯を食べた後、オマハまで運転する。

ちなみに結果は

私がダントツで距離が多かった・・・。半分以上運転してました。苦笑
サイコロをふって2回連続12を出すという快挙も成し遂げました。ということで、最後の晩餐は100%おごり。まだ学生の後輩におごられてしまいました。笑  ま、ルールはルールという事で。

今回、ネブラスカというアメリカの田舎のさらに田舎に行った事で、アメリカの広さを思い知らされました。アメリカというと日本の皆様は、ニューヨークとかロスを思い浮かべるんかなと思うんやけど、いやいや、アメリカの大半は田舎。そしてネブラスカの真ん中はなーーーんも無かった。これぞアメリカ。今、住んでる所も田舎やけど、さすがに今回行った所には勝てへんかなと。写真を載せるんで少しでも感じを掴んでもらえたらと思います。



カントリーロードを走ってた時に出くわした牛さんたちでございます。

オマハから帰ってきてもサボり癖は留まる事を知らず、朝はちゃんと8時くらいまでには起きるものの何もせーへん毎日。昼までYoutubeで日本のテレビとかの映像を見まくって、その後は大学にある伝説のセルフサービス・ゴルフの打ちっぱなし場に向かい1時間ほど格闘。で、2時間ほどジムで体を動かして帰宅。適当に自炊して、またYoutube。おー、腐ってる腐ってると自分でも感心?

そしてここに来て気が付いた。

あ、依頼されてる英語の本の翻訳しばらくやってへんかった・・・
と。

ちなみに私、6月30日から8月3日まで日本に帰国するんやけど、これをやっつけてまえへんかったら、せっかくに日本におんのにひたすら翻訳というありえへん生活になってまう。ということで、久しぶりにコンピューターをネット以外の為に使い始めた今日この頃。

アメリカ国内での就職活動はほぼ終了というか、諦めました。苦笑
ある程度の規模の大学で野球部を担当したいとやってきたんやけど、全く反応なし。ま、ある意味、綺麗さっぱりに諦める事が出来るかなと。ということで、悲しいけどおそらく8月以降も同じ所に居るでしょう。認めたないけど、こればっかりは現実。選り好みせんかったら採ってくれる所はあるんやろうけどね。色々とこの先の事は考えてるんやけど、たとえ今の所に帰ってきたとしても2007-2008年のシーズンはそこでのラストシーズンになると思います。どうなるかは自分でも分かりません。後悔せーへんようにやるだけですな。

僕の働いてる大学、というか職場にもう一人仲間が加わる事になりました。今まで2人で22チームを見てきたんやけど、これで3人で24チーム。ま、依然として他の大学と比べたら全然足りひんねやけど・・・。でも、これで少しは仕事の中でも違う事に時間が使えるかなと。良かった良かった。

日本、特に関西に居はる皆さま、お暇があれば是非是非この暇人のお相手をしてやって下さい。いつでもご連絡下さい。僕からも連絡さしてもらいます。関東の方々、間違いなくそちらにも行くと思うんで、その時にお会い出来るのを楽しみにしております。

日本に帰る直前にトレーナーのコンベンションでアナハイム(カリフォルニア州)に行きます。アスレティックトレーナーの皆様そこでお会い出来るのを楽しみにしてます。

お後が宜しい様で。


シーズンほぼ終了 [日記]

しばらく更新してませんでした。
ま、いつもの通り理由はおさぼりです。
さてさて、そんな風にぼのぼのと生活してる内に本格的にシーズン終了です。
現在残ってるのは女子のテニスチームだけ。我がSewaneeで唯一全国にランクされてるスポーツ。
昨日は去年まで4年連続全米チャンピオンの大学を倒して、ついにベスト8。
と、感動してると思われそうなんやけど、すでに私はシーズン終了ムード満々。
一日5人来るかどうか分からないトレーニングルームでぼさーっと過ごしてます。苦笑

ふとYoutubeでさんまのまんまを見てたら、長渕剛の回があったんで見入ってたんやけど、なんか久しぶりにちょっと夏の時間を使ってギターを練習しなおすかと思いました。前からサイレントギターを買おうかななんて思ってるんやけど、なかなか高くて手がでーへんというか。でも、ま、たまにはどーんと使ってもうてもええかもしれませんな。まだ分からんけど。苦笑

時間があるんで以前買ってた本を読もうかということで読んだんが

「天国までの100マイル」

とうの昔に映画化もされてもうてるんで、内容を知ってはる方も多いとは思うんやけど
ぼくはこの本は好きでした。早くに亡くなってしまった父親の代わりの分まで母一人で子供達を
育て上げる。正直、自分の家族に似た状況なんで少しというか大分と重ねてまいました。
母親一人で子供を育て上げるというんはほんま大変な事やなと思う。もちろん一番近くで見てきたんやけど、その苦労は僕が想像してるのをきっと凌駕してるんやろうなと思う。子供のために自分の思いを殺して堪えて頑張ってきた事が何回もあるんとちゃうかなと。僕がおらんかったら、また違う生き方もあったんとちゃうかななんて思ったりもしたけど、それをわざわざ言わずとも察して

「あなたがおらんかったら、お母さんの人生はつまらんもんになってた。たいぞーが幸せでいてくれれば、私も幸せでいられる。だから精一杯自分の幸せを考えて頑張りなさい」

と言ってくれる。
小さい頃は親父を恨めしく思った事もたびたび。若い奥さんと子供を残して死ぬなんて。どんなけおかんが苦労してると思っとるんやと。ところが、7回忌の時に親父の親友のおっちゃんが

「たいぞー君。僕らは親父さんが亡くなった後、お母さんは会社を辞めるやろうと思ってた。でも、彼女はやめへんかった。お父さんと一緒に創った会社を辞めずに君を育てて行くと決心した。その時に、彼女を助けようと周りのたくさんの人たちが動いたのは、みんな君のお父さんを好きやったからや。彼という友達の奥さんと子供やから誰に言われんでも全力で助けようと思えたんやで。」

と言われて、こりゃうちの両親には勝たれへんわと思った。
死んでも人を動かせるという事が、果たして自分に出来るんかと。

尊敬する人はと聞かれれば、迷い無く、両親です。
少しでも近づけるように頑張りたいもんです。あ、その前に嫁さん探さなね。
それが一番難しそうです。苦笑

13日は母の日です。形だけやなくて、日頃の感謝の気持ちを届けたいもんです。

お後が宜しい様で。


お休み&ぼやき [日記]

本日は久々のお休みでした。
前の休みは、うーん、いつやったか覚えてません。
ただでさえ、このお仕事は大切な時間や予定がチームや選手の都合で簡単に奪われてまう。さらにうちの場合、一人で何チームもケアせなあかんから、あるチームがお休みでも他のチームは練習やら試合があったりする。

悲しいながら野球のシーズンは早々と終わってまいました。ということで、僕が見る必要があるんは
陸上、サッカー、とたまーにテニス。で、今週の土曜(明日)はほんまはお休み。今日は通常勤務のはずなんやけど、うちのボスが明日は家族の用で休みたいから代わりに働いてくれと。別に代わりに働くんはええんやけど、うちのボスのありえへんところは

人に仕事を代わってくれと言っときながら、その分を他の形で返そうとせんところ

つまり彼の仕事の量は減って、僕の仕事の量が増える。Give and Takeが成り立ってへんわけですな。当然、じゃー、僕に何をしてくれるんやと。久しぶりの休みをタダで消されてたまるかと。すると、彼は渋るわけです。ようは自分が楽したいだけ。バスケのシーズン中、腐った理由で彼の仕事を代わりにやったってるわけです。それに対する感謝なんて一切なし。ほんま自己中心的。

で、結局、金曜(今日)休みを取ることになったんやけど。野球場が僕のくつろぎ場所の一つなんで
ちょっくら日向ぼっこでもしようかなと行っとりました。そこで僕を探してトレーニングルームに行ってから、たまたま来た野球場に寄った選手に会った時に、彼が

「今日休み取ってるんやって?ヘッドの彼、気分悪かったよ。なんかぼやいてる感じやったよ。」

どうせそんな事なんやろうって思ってたけど、ほんまにそういう風に考えてるかと知った瞬間、怒りやなくてほんま失望やったかなと。申し訳ないけど、働いてる時間だけやったら、彼の1.2倍は働いてると思う。8月からの8ヶ月半の間に僕のお休みの日数は12日位。彼はおそらく30日以上あると思う。だって、彼の仕事の肩代わりさせられてまっから。それで正当な理由でお休みを取ってんのに、休んでる間に選手にぼやく。彼に対する不満は山ほどあります。ただ、選手やコーチにぼやくのは好きや無い。特に選手の前で彼の悪口を言うなんてありえへん。わざわざ選手に「あの2人は仲が悪い」って思わせてどないすんねん!?選手に信頼されるべき立場である仲間のトレーナーの評価を下げるような事をしてどないすんねん!?

**言い訳になるかもしれんへんけど、もし僕が大きな大学、プロのチームや日本のチームで働いてたら、こんな事はブログには書きません。そんなんありえへん。ま、外から見れば、お前も一緒やと言われそうやけどね。

基本的に僕の上司は彼自身にほんまに甘い。そして他人にめっちゃ厳しい。僕なんて褒められたことなんてほとんど無いんとちゃうかな。褒めるところが無いだけなんかもしれへんけど。苦笑   

なんて悪口はここまでにしましょ。

ちなみに立ち寄った野球場に居た選手6人と野球ゴルフをやってきました。ま、ようはバットでノックのようにボールを打ちながらいくゴルフ。今日、ゴルフをしに行こうか迷ってたんやけど、ちょうどええ気晴らしになりました。結果は、さすがに現役選手には勝てまへん。中学、高校とほぼ365日毎日30分家で素振りしてたスイングは全く残っておりませんでした。笑

夜は以前に日本食品を売ってるお店で買ってた牛タンを焼いて食べました。日本で食べてるものに比べれば大した肉とちゃうんかもしれんけど、いやー、美味かった。小さな幸せでござんした。

お後が宜しい様で。


ゆずられへんもの [雑記]

前回フロリダに滞在中に更新して以来、わが野球部の負けは止まりません。泣
少しずつ良くなって来てるんとちゃうかなんて甘い考えをしてたけど、やっぱり基本が出来てへん
チームには連勝をするというのはほんまに難しい事。大切なカンファレンスのゲームでも負けは
止まりません。今週は同じDivisionで最下位(0勝8敗)の大学との試合でした。ちなみにうちは1勝7敗。

同じDivisionの5チームのうち4チームがPlay-offに進みます。つまり今週はうちにとってはめっちゃ
大切な試合。ホームゲームというのもあって、うちの選手は強気に「Sweep(全勝)してやるよ」
と張り切っておりました。他の選手は「あの大学は対して強くないからな」
1勝7敗のチームが0勝8敗のチームを弱いと言ってるわけですな。まさに

 

「目くそ鼻くそを笑う」

とはこのこと。

そして結果は

 

Swept(全敗)しました・・・。

1戦目は最終回2アウトランナー無しまでいっておきながら追いつかれ、延長戦で負け・・・。
その後はずっと試合の主導権を握られっぱなしで、全敗。
これで来週の試合を最低でも4戦中2勝せんとあかんようになりました。
ただ、その相手は今週戦った大学に対して4戦全勝。つまりうちらからしたら1戦勝つのもやっとかなと。
ということで、悲しいながらシーズンがほぼ終了に近づいてきてまいました。
1年の中で野球のシーズンで働きたくて働きたくてたまらずやってきたのに、実質2ヶ月弱で終了。
せめて来週は少しでも意地をみしてくれと願うばかり。

というところで、野球の話は終了。

さてさて、私の今の職場での2シーズン目が終了に近づいてきて参りました。以前からプロの野球の世界での仕事を探ってきたんやけど、皆さんもご存知やと思いますがすでにシーズンも始まっており、今年は諦めるしかない状態ですな。ほんだら今の所に残るんかっていうたら正直残りたくないというのが本音。理由は一応、書かんときます。

そしたらどないすんねんと。
まず最初に浮かぶ選択肢は、アメリカ or 日本。
すでにアメリカにしがみ付くような程の魅力は感じてません。スポーツの世界で言えばアメリカの方が働き易い仕事があるから、魅力はあるんやけど、アメリカという国とアメリカ人に疲れてきました。苦笑 学生の頃にあったアメリカの憧れはさすがに無いですわな。もう5年近くいるんで。アメリカのプロ野球で働いてみたいという気持ちは変わらんのやけどね。

最近、どこから出た噂なんかは分からんけど、僕が今の職場を辞めて他んところに行くっていう話がうちの選手やコーチの中で出回ってるらしい。しきりにそれを聞かれる。でも、聞かれてもどちらとも答えにくわな。嘘でもはっきりと残るとは言いにくい。その噂を聞いてわざわざオフィスまでやってきて、引き止めてくれる選手とかが居てくれるのは仕事冥利につきます。嬉しいのは選手のご両親とかが会った時に、「居なくならないで」と言ってくれる事。ご両親が言ってくれるというのは信頼して頂いてるからかなと。特に野球部は僕自身が力を入れてるんもあるんかほんま気に入ってくれてるみたいで嬉しい限り。ただ、いつかは出る時が来るもんやから。これに関しては気にしてれらませんな。

アメリカに残る場合、私は他の職場から仕事を頂かれへん限り、仕事を続ける事はできません。という事は、他の仕事をもらわれへんかったら、今の所で働くか、もしくは日本に帰国かの二つ。

で、やっとこさお題の「ゆずられへんもの」は何なんやろうと。
色々と大切やなって思うもの中で何が、「これはやっぱり諦めることはできひん」というものは何なのか。全てを同時に叶えるのは少し厳しいかなと。時間をある程度ずらしたらいけるもんではあるんやけど。果たしてその時間をずらすことを考える時に僕にとってどれが一番優先順位が高いんか。

答えが自分の中で見つかるのはまだ時間がかかりそうです。

こないだ連続でMixi上でまたまた小学校時代の友達を発見する事が出来ました。
昔はよう遊んだ友達。日本に帰った時に会えんが今から楽しみ。
さ、その日本への帰国も一体いつになるんやら。

最後におまけ
かなり昔に見て今でも何故か覚えてる探偵ナイトスクープのネタを見つけたんで暇があったら見てみて下さい。
どあほな事を時間かけてやってるのが好きです。
http://youtube.com/watch?v=0fRMmUyyyQE

お後が宜しい様で。


勝利の味はたまらんのー [日記]

史上初?一日で2回の更新でございます。
なんでかって?タイトルの通り勝ったから。単純

以前書いた通りここまでシーズンの内容はボロボロ。1勝12敗・・・。
チームの防御率は空前絶後の10点以上(つまり一試合9イニングで試合をすれば
10点以上を相手に与えてしまうということ)。ということは、11点以上取らんと
勝たれへんわけですわ。そりゃ勝てへんわなと。

それが今日は相手が弱かったんか、もしくは何かが変わったんか。
15-3でボロ勝ち。普段、Fu〇kとか、Sh〇tとかを入れないと文章を作られへん?監督が
珍しく試合前に選手に話したのが

「お前らは今まで親からの助けや周りの助けで何かに飢えることなく、ただ頑張れば
ええというだけの環境でなんとなくやってきた。試合でも自分はヒットを3本打ったから
俺は負けた事に関しては関係ないとおそらく思ったりしてる奴もおると思う。
でも、これから生きていく上で周りから与えられたり、自分の責任を逃れながらもしくは
それを感じずにやっていくのではおそらくこける時が来る。しっかりと自分の行動に責任を
持って戦ってみてくれ。与えられるのを待ってるんやなくて、奪いにいけ。野球をやってる
だけでええとなんとなく思ってるというんやなくて、勝ちを奪いにいけ。」

確かにうちの学生に足りひんのはハングリー精神。
それは常々に感じてきたこと。極端に言えば、少々失敗してもおとんとおかんが何とか
してくれる。常に受身。負ける事に悔しさがない。ええようにいえば、常にポジティブ?
悪く言えば、すべてにおいて危機感があれへん。

今日の勝利が少しでもそういった事を真剣に考えての結果であることを祈っております。

と、偉そうな事を書いておきながら何なんやけど、ここからは試合中に撮った写真の紹介。
ここまで書いてた事が全く説得力を持たへん内容の写真になります。笑

まずは試合開始直後の写真。

今日登板したエースピッチャーのマウンド上での写真。


写真の紹介前に、アメリカでは野球の試合の途中、選手達はひまわりの種を
食べ続けてるのが当たり前の光景。試合後、ベンチには無数のひまわりの種の
殻が地面に転がってます。かく云う私も試合中はほっぺの中に一杯ひまわりの種を
つめて食いまくってます。と、前置きはよくて下の写真は種の中身を食べた後の
殻を地面に置いたカップに向かって口から飛ばしてどれだけ入るか競ってる光景。
ちなみに右端はこちらが攻撃中のエースピッチャー。苦笑


んで、楽しそう?やったんで・・・

僕もやってみました。笑
あ、名誉回復?のために付け加えると、試合中怪我が起きたりせーへんかグラウンドの
状態はみてましたんで。

お後が宜しい様で。


春休み? [日記]

どもども、いつもながら更新が滞っております。
まー、それでも普段よりは短いスパンやったなって開き直ってるんやけど・・・。

現在、私の勤めるSEWANEEは10日間の春休み中。
なんやけど、野球部はシーズン中なんで当然お休みは無し。
ただ、春休みは毎年恒例のフロリダ旅行。ということで、現在フロリダ州は
ポートシャーロットっていうところにおりまっさ。

いやー、暖かいって言いたいところなんやけど、実は今んところ全然暖かない・・・。
どないなっとんねん。フロリダっ!南国とちゃうんかい。クリスマスの時の方が
暖かかったぞ。去年来た時の気温を想定してきてしまったので、持ってきた服は
ほとんど半そで短パン。さすがにジーンズで働くわけにはいかんからなー。
毛布に包まりながら試合でも観るか。怪我が起きても放っておこか。苦笑

それにしてもここ最近はDice-K(松坂選手のことです)に関しての質問が多すぎる。
「やつはどれくらい凄いんや?」
「新聞に載ってた高校時代(甲子園のこと)の話はほんまなん?」
「どんな球種を投げるん?」

などなどほぼ毎日誰かが聞いてくる。Bostonのファンの奴とかは、別にトレーニングルーム
に用もないんやけど、松坂が登板した次の日はわざわざ結果に関して聞きにくる。
セントルイスカージナルスの田口壮選手も書いてたけど、ひょっとしたら松坂は
日本よりもアメリカでの方が話題になってるんとちゃうかなと。

しかし、松坂と同時に大きな話題は

 

ジャイロボール

 

こいつが今めちゃくちゃ有名。手塚一志さんが名づけ親で本も大学生時代に
読んでてずっと前から知ってるんやけど、まさかここにきてこんなに話題になるとは。
野球部の選手は投げ方を教えてくれと聞いてくるんやけど、投げ方は大体分かってるけど
松坂でも意識的に投げてるわけでもないボールを彼らが投げられるんかいなと。
ちなみにかつて週末の夜中のお化け番組やった「探偵ナイトスクープ」
がジャイロボールに関してスクープしております。興味がある方はYoutubeで
見てみて下さい。
http://youtube.com/watch?v=eNrBskglrCI
http://youtube.com/watch?v=LkiO2Fk3ghU&mode=related&search=

興味がない方は他のスクープの内容を見てみて下さい。やっぱり探偵ナイトスクープは
おもろい。懐

彼の事に関して聞かれたときはとりあえず
「心配せんでええよ。彼は必ずやるから。ま、あせらず見てなさい」
と言っております。
ちなみに私の具体的な予想は
17勝8敗、奪三振200、防御率3.00
あたりではないかなと。一年目はメジャーの選手もかなり苦労するんとちゃうかなと思うんで。
出来ればこれを楽々と超える成績を残して欲しいなと。
希望は20勝8敗、奪三振235、防御率2.50やね。

アメリカは大学男子バスケットボールのトーナメントに沸いております。
朝から晩までバスケ、バスケ、バスケ。さすがMarch Madnessと呼ばれるだけはあるなと。
NBA以外のバスケには興味の無い私にとっては、つまらん限り。
しかし、あんたらようそんだけ大学バスケにかじりつけるなと思える位。
みんなでFinal 4(準決勝に残る4校)を予想するのに燃えております。
それで結構な金額の賭けをしてるくらいやからよっぽどなんやろうな。

あー、最近野球の話題が多すぎるな。
読んでくれてはる方すんません。今度は出来れば違う内容にしたいと思います。

ほんではまた
お後が宜しい様で。


疲れた週末 [日記]

皆様、お疲れ様でございます。
3週連続で遠征続きで、部屋の掃除などがろくに出来ひんで少しブルーになりそうなたいぞーでございます。部屋の掃除はやはり小まめにせんとあかんなと思った今日この頃。

ご存知の方も多いかとは思われますが、私、体質的になぜか体におできが出来易いらしい。普段は自分で何とか処理出来てたんやけど、今回はごっついのがふくらはぎのところに発生。どうにもこうにもうまく処理出来ひんかったため病院へ・・・。当たり前のように切開をして治療をすることになったんやけど、なんせ大きかったもんやからかしらんけど、麻酔が効けへん。

先生、「我慢しなさい」

はー、まー、ほな我慢してみましょ

とやってはみたものの。
無理っ!

そんなんね。無理。痛すぎ。
ということで、薬で散らす事に。
で、抗生物質を取ってたんやけど、それが無くなるかなという時に、薬へのアレルギーが発生・・・。体中蕁麻疹・・・。しかも遠征の前日の夜中。仕方なく、朝一番で病院へ。延々、点滴。上司は優しくはなく、遠征へ直行。

遠征は前回書いた通りバスケのカンファレンストーナメント。見事に一回戦で男子女子共に散ってくれました。笑 早く負けてしまったため、土曜日の朝早く出て帰ってきたのはええものの、そのまま陸上の大会がうちの大学であったため、手伝わんとあかん羽目に。

そんで今週は野球の遠征。監督は「4試合のうち、最低2試合は勝てよ」と意気込んでいたものの。同じカンファレンスの相手に対して4戦全敗。しかもコテンパンにやられてまいました。
3-13
2-10
2-15
4-18
打てない、守れない、走れない。
もう見てるのが心苦しい位にやられてまいました。
最後の試合なんかは、最終回の7回(コールド負けのため7回まで)まで18-0で負けてました。相手がチームの半分近くを控えの選手に変えたところで、ミスが出始めてなんとか4点取ったものの、ほんま情けないゲーム。

しかし、野球と言うのはほんまに守りやなと。相手は確かにええチームやったけど、何が違ったかって言うたら、やっぱり守り。とにかくこっちはゴロやフライをまともにさばかれへん。数字に表れへんミスも多すぎた。別に高いレベルを求めてるわけやなくて、基本。でも、その基本が長い道のりなんやろうなと感じさせられた今週末。いつもは口が悪い事で知られる監督が夜中、ホテルのロビーで会った時に話しかけてきた内容は

「泰造、すまんな。こんな負け続けてばかりのチームで働いてもらって」

ほんまにびっくりした。そこまで落ち込んでるんかと。
普段ミーティングをせーへん監督が宿泊先で選手を呼び出して1時間以上もミーティングをしたのに、全く変わらずボロ負け。もしミーティングで選手の気持ちというかモチベーションが変わっていたんやとしたら、それでもボロ負けしたという事実が意味するんは

基本的な技術レベルが低かった

としか言いようがないんかなと。
残り2ヶ月弱のシーズン、がんばっていきましょう。

お後が宜しい様で。

P.S. 桑田真澄投手がアメリカでええ滑り出しをしたようです。めでたし、めでたし。


本年2回目の更新 [日記]

もう最近めっきり更新する気が無くなってしまったのかと思われそうな我がブログ。いや、更新するネタは結構あるんやけど、いかんせん文章を書くのに時間を費やす気にならんというかね。苦笑 

前回更新した時はまだバスケットボールのシーズンの中盤位やったんやけど、いつのまにやらD3のバスケットボールは一足早く終盤へと入ってきました。先週末でレギュラーシーズンは終了で、今週末からはカンファレンストーナメントが始まります。うちはめでたく男子女子共にトーナメントに進むんやけど、ちなみに10チーム中8チームがトーナメントに進むという状況でうちは女子男子


 

共に8位!!!

めっちゃギリギリやないかっ

ほんますれすれの通過。
特に女子の方は、ほんま出るだけのトーナメント。勝つ見込み限りなくゼロ。果たして何点差で負けるのかが焦点やなと。お願いやから50点差とかやめてくれと。男子の方は一回倒してる相手なんで、何とかできる可能性は十分にあり。少しは楽しまして下さい。

さてさて、一方では野球のシーズンが始まってます。えー、野球バカの私にとってはたまらんシーズン。日本のプロも、アメリカも、そして大学も。全てが始まるのがこの時期。もうウハウハパラダイスの気分? はよ、バスケのシーズンなんて終わってまえ。なんていうのは嘘?です。

今年から野球部のコンディショニングに関与させてもらってて、トレーニングプログラムもコーチと一緒に話してやっております。そんな中で、ピッチャー用の方のプログラムに付けられたというか、俗称が

 

 

TAIZO

はい、そのままやね。体幹と肩甲帯を含めたプログラムをわざわざ書いたり、呼んだりするのが面倒くさいらしく、ついたんがこのお名前。しかし、うっとうしい。トレーニングルームの中とかで

「You've already done Taizo?」
「I am doing Taizo」
「Do I need to do Taizo today?」

とか、やめてくれという感じ。
なんか如何わしい事をしてるようなニュアンス。

ま、色々とピッチャーには投球日、遠投の日、投げない日に分けてトレーニング、トリートメントやら、肩周辺のストレッチを僕としたりなど要求してるので面倒くさいと思われてるかもしれませんな。ただ、少しは効果があるんか、今年は一人も方の怪我がここまで出てへんし、よかよかと。さすがに僕の力で勝敗が決まるとは言える事はあるわけは無いんで、僕の目標はシーズン中、肩、肘の怪我、特に投手で起こさせへん事やなと。去年は何も特別にやってへんかったんで、結構続発してたんで、さ、どこまで減りますか。

話は変わるけど、以前にも書いた私のスーパーヒーロー、桑田真澄投手がピッツバーグパイレーツのマイナーリーグに移籍して、キャンプで活動を始めたようです。彼が野球を続けてるという時点でほんま嬉しい限り。いつかメジャーのマウンドに立ってくれると信じたいと思います。

僕自身もずっとマイナーリーグでのお仕事を去年の末から探してきたんやけど、どうやら今年は無理のようです。ある球団は興味を持ってくれて連絡を取ってきてくれたんやけど、どうも上手くは行きそうにないですな。こうなりゃせっかくやから、桑田さんと一回働いてみたいなんて思ったりもしてまいます。パイレーツ雇ってくれへんかね。笑

現在は色々と進路を考えながらおります。日本、アメリカの両方を考えながら、いつどのタイミングでどう動くかがキーポイントですな。28歳。お金やら何やら気にせずに勝負出来るのもここ数年かなと。自分だけのためではなく、ある一定の年齢を超えたら、この仕事をビジネスとして成立させられるように、お金にはこだわりたいとは思ってます。若い人に魅力のある仕事として見続けてもらうためにはやっぱりある程度の収入がないと駄目やから。とか言いながら結局は小さい頃からの「プロの野球の世界で働きたい」という気持ちにはやっぱり勝たれへんなんて考えたりもするんやけどね。さてはて、今年の夏、私はどこにおるんやろか。うーん、分からん・・・。

お後が宜しい様で。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。