So-net無料ブログ作成
検索選択

Consistency [日記]

うーん、前回書いてから一ヶ月以上が経過してしまいましたな。
もはや完全に日記としての機能は果たしておりません・・・。
8月4日にこちらに戻ってきましたが、初出勤日以降未だに無休です・・・。
まー、分かっていた事やけど、やっぱり辛いもんです。人間やっぱり
お休みは必要です。別に一日5,6時間だけで毎日なら何とでも出来るとは
思うんやけど、一日10-12時間近く働いてるんでちょい心身共にお疲れ気味。

選手の前では愚痴やらしんどい姿を見せないのが私の主義なんですが
たまーに、お疲れの姿を見せてしまうこともあるわけで。お仕事の質を
落とさないように必死でございます。

と、出来るだけいつも同じ態度でみんなに公平に接するのはお仕事では
大切なわけですが、もちろん日常生活でもいつも同じ姿を見せてくれる人には
好感を持つ部分があります。最近、気が付いたのは身の回りで自分が
「あ、この人はええ人やな。もしくは出来る人やな」とか考える人は
大概、いつも安定した状態を保てる人です。そういう人は自分の中でしっかりと
した信念とか色んなものからくる余裕があるのか、少々の事では動じないという
安心感をこちらにも与えてくれると言いますか。

しかーし、アメリカにある程度長く滞在された事がある人であれば
分かるとは思いますが、アメリカ人って基本的に・・・

気分屋さん

うちの選手は若さもあって、とにかく情緒の動きは激しい。
もしくは自分の中にある気持ちを抑えるのがほんまに下手くそ。
テストで疲れてて、トレーニングルームに入ってきた時点で、キレてる。
態度最悪。愚痴ばかり。

うちの大学のスポーツの中で、同じカンファレンスの中で全く勝てない
チームがあります。その監督は、うーん、選手から見ても、トレーナー
立場から見てもほんまに駄目駄目。人の気持ちを引きつけるための
一貫性ゼロ。自分よりも選手時代の経歴が遥かにええからといって
新しくきたアシスタントコーチに説き伏せられる。ミーティングでは見てる限り
どっちがヘッドでアシスタントなんか分からん位。ま、これはアシスタントが
立場を履き違えてる部分もあるわけやけど。

そんな彼らは、勝てない(点数が取れない、後半になると途端に弱くなるなど)
理由を精神的なものばかりに押し付けます。頭と胸を指で指して
「ここなんだよ。お前らはよくやってる。でも、結局決められへんのは
ここなんだ」
って連呼するが、それが2,3回程度やったらこちらも
「ふーん、そうなんや」って納得するんやけど
もうシーズン開始当初から同じ状態。全く改善の兆候なし。

試合中に失敗したりすると、彼らは
「なんでそこでああ出来ひんのや」
って怒ってるけど、うーん、その言葉に答えがあるんやないでしょうか。
サッカー日本代表監督のオシムさんが言っておられましたね。
「現実をしっかりと見なければいけない。出来もしないものを求めてやらせようと
してもうまくいくわけがない。」
上記の監督達だけやなくて、うちの大学のどの監督にも通じることやけど
あまりにも現状分析が出来てなさ過ぎ。申し訳ありませんが、何かを始める
時はやはり現状を分析する事が始めるのが定石では無いでしょうか。
これは勉強にしろ、仕事にしろ、人間関係にしろ、恋愛にしろ。

試合中に嘆いて首をかしげて怒ってる間は、このチームは強くならんねや
ろうなと思いながら試合を観てます。出来無いレベルにあるのであれば
その人にあったレベルで求められるものに近づけるように導くのが
指導者の仕事。ましてや会議で勝てない理由を選手に押し付けてる
監督さん。シーズン終了後に肩を叩かれないようにお気をつけ下さい。

お後が宜しい様で。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。